0
¥0

現在カート内に商品はございません。

【フロリバンダ】スィドロ・アッラ ・メンタ2021    クール便での配送となります

¥2,530 税込
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
昨年、実験的に造られたミント入りシードル、今年もやや少なめですが入荷しています。「ミントのフレッシュな香りを失わずに、
シードルに残すのがとても難しい」、そう話していたフランツ。ミントを加える方法やタイミング、バランスを考え直しし、昨年
を遥かに越えるミントの存在感!

1 年でこれほど進化するとは、正直思っていませんでした。リンゴとミントの相性はもちろん、それ以上にバランス感が絶妙な魅
力的なシードルです【輸入元資料より】
膨大な知識量と創作意欲をそのまま具現化した、オリジナリティ溢れる瓶内2次醗酵シードル。ボルツァーノからアディジェ川沿いに南へ30㎞、エーニャ(ノイマルクト)の町。若くから植物学者として大学に勤務し、植物を主体に自然環境、菌、酵母などを、専門的に研究してきたという異色の経歴を持つフランツ エッゲル。1994年に大学を退職後、父が続けてきたリンゴ栽培農家を引き継いだことを契機に、シードルの追及へ没頭していく。フランツは、これまで自身が学んできた知識と経験をもとに、薬品類の代わりに多種の薬草からとった煎じ液を利用することで、果樹では非常に難しいとされる無農薬、無肥料栽培を実践している。自ら収穫したリンゴを用いたシードルの醸造、、、。当初は試行錯誤であったものの、追及心の高い彼。フィルターの使用をやめ、オリ引きの回数を減らし、オリによって原酒が守られる状態(シュール・リー)を維持する事で、完全にSO2の添加を行わない瓶内2次醗酵のシードルを造りだすまでに至る。オリとともに保管することで、原酒自体が守られる=酸化に対して抵抗を持つ、という考えのもと造られたシードル。シンプルにリンゴだけで造ったものはもちろん、リンゴと一緒に収穫されるカリン(mela Cotagna)を加えたものや、リンゴ果汁にサンブーカ(Sambuca=ニワトコ)の花を加えて一緒に醗酵させたものなど、、、彼の創作意欲には驚かされてしまう。【輸入元資料より】

カテゴリ一覧

ページトップへ