0
¥0

現在カート内に商品はございません。

【さっぽろ藤野ワイナリー】QVEVRI 甕 ヤマブドウ 2018 500ml お一人様1本 クール便

¥4,015 税込
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
ワイン造りの発症の地といわれるジョージア。クヴェヴリといわれる素焼きの甕を用いた伝統的なワイン製法は現在も受け継がれています。長い歴史の過程の中で独特な形状となったクヴェヴリをこの北海道で再現すべく、知床にある「斜里窯」で特別に素焼きの甕を造ってもらいました。北海道余市町登町 三氣の辺産のヤマブドウを低温による約1ヶ月の醸し期間のあとに圧搾し、甕の中で引き続き発酵と熟成を約11か月間行いました。2017年に引き続き甕による浸漬はせずに熟成の容器として用い、素焼きの甕の特製をダイレクトに感じる作りとなりました。木樽を用いるのではなく素焼きの甕で熟成させることにより素朴でありながら透明感もあり柔らかさのある味わいに仕上がりました。仕込みから瓶詰まで酸化防止剤は使用していません。ヤマブドウでありながら淡い紫ががったルビーの色調。野性味溢れる独特のヤマブドウのニュアンスはやや控えめに、シソや小梅、湿った土や燻製肉の香り、味わいはいきいきとして酸味を主体に、赤系の小果実の果実味や植物的な硬さも感じられ、余韻はピュアな酸が心地よく続きます。ワイン造りの原点を見つめていくことで触れられるワイン造りの奥深さや尊さ。北海道で育てられたぶどう、北海道の土で造られた器、この地にいる微生物の力発祥の地に伝わる伝統的な製法。さっぽろ藤野ワイナリーが新たに試みているワインです。
生産本数244本
ワイナリー様より引用

カテゴリ一覧

ページトップへ