0
¥0

現在カート内に商品はございません。

【蔵王ウッディファーム】プティ・マンサン2019  750ml クール便配送クール選択お願いします

¥3,080 税込
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
プティマンサン 70%
シャルドネ 22%、その他 8%
2019年11⽉6,7⽇、10⽉1,2,⽇
原⼝畑(⼀⽂字短梢、樹齢5〜6年)及び
植ノ⼭畑(⼀⽂字短梢、樹齢10〜11年)
13.5%vol.
Technical Supplements   ・・・・・・・・・・
11月とは思えない程の快晴の中、健全なプティマンサンは平均糖度がBrix25と
言う状態で収穫されました。冷却後に全量を全房プレスし果汁を得た後、
発酵能力の強い酵母を添加しています。それはプティマンサンの辛口の
白ワイン醸造を目標に取り組んだ結果、選ばれた酵母です。
発酵は問題なく3週間程度で終了し、アルコールは14.5%!初めてみ
るアルコールでした。余りのアルコール感とフェノリックさ、驚異的な
酸味。プティマンサンはやや甘口の方が美味しいのかもしれない…と不安に
なりました。その後はタンク貯蔵と樽貯蔵を並行し、味わいが解れるのを時
間を掛けて待ちました。最終的に樽貯蔵中のシャルドネと内緒のブラッ
シュワインとのブレンドで味わいの強度を下げて、食事と合わせやす
い印象に近づきました。とはいえ、まだまだ強固な印象は否めず、
赤ワインと同じような瓶熟期間を設けてリリースします。
670本
Wine Story   ・・・・・・・・・・・・・・・・
プティマンサンの成分がいかに日本産ブドウから逸脱しているかは、説明の
必要がないでしょう。半甘口のワインと醸しのワインで手応えはあるので
すが、どちらもプレミアムな価格です。もっと身近なワインとして提案で
きるように、普段使いにぴったりな辛口ワインを醸造出来ないかと思
い、今回は取り組みました。結果は、【あまかった。】
私達の認識以上に高Brixの皮の厚い品種を辛口に仕立て上げる事は難し
いです。まるで日本酒の様なアルコール感からくる辛口でした。出来た
ばかりはそうでも、熟成によって口当たりが改善されていくと信じながら
待ちに待ってブレンドを決心しました。それぞれMLFの済んだ穏やかな白ワイ
ンを組み合わせる事で、プティマンサンの緊張がほぐれた様に感じました。
瓶詰めから一年近く経ってのリリースですが、飲み頃は先です。
ワインから蜂蜜の香りが出てきたら合図です

11月とは思えない程の快晴の中、健全なプティマンサンは平均糖度が
Brix25と言う状態で収穫されました。冷却後に全量を全房プレスし果汁
を得た後、発酵能力の強い酵母を添加しています。それはプティマンサ
ンの辛口の白ワイン醸造を目標に取り組んだ結果、選ばれた酵母です。
発酵は問題なく3週間程度で終了し、アルコールは14.5%!初めてみるア
ルコールでした。余りのアルコール感とフェノリックさ、驚異的な酸味。
プティマンサンはやや甘口の方が美味しいのかもしれない…と不安になり
ました。その後はタンク貯蔵と樽貯蔵を並行し、味わいが解れるのを時間
を掛けて待ちました。最終的に樽貯蔵中のシャルドネと内緒のブラッシュ
ワインとのブレンドで味わいの強度を下げて、食事と合わせやすい印象に
近づきました。とはいえ、まだまだ強固な印象は否めず、赤ワインと同じ
ような瓶熟期間を設けてリリースします

ワイナリー様より引用

カテゴリ一覧

ページトップへ