0
¥0

現在カート内に商品はございません。

【蔵王ウッディファーム】カベルネ・フラン2019  750ml クール便配送クール選択お願いします

¥3,630 税込
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
Technical data   ・・・・・・・・・・・・・・
カベルネ・フラン  93%
カベルネ・ソーヴィニョン 7%
2019年10⽉21,28,29⽇
マサル畑(⼀⽂字短梢、樹齢8〜9年)及び
楢下畑(スマートマイヨルガー、樹齢9年)
11.6%vol.
Technical Supplements   ・・・・・・・・・・
収穫されたカベルネフランは全く傷みがなく、一晩冷却後に亜硫酸を添加しながら除梗破砕を行い、そのまま低温浸漬をしつつ市販の酵母を添加せずに発酵が促されるのを待ちました。仕込みから8日目にして顕著な発酵を確認し、大きく安心したのもつかの間、発酵終盤に糖の食い切りが遅延し(16VTではこの時点で市販酵母を添加)、あわやスタックの危険がありました。

仕込み開始から22日目にプレスを行い、発酵後のマセレーションは殆どありません。貯蔵は1~3年の古樽で行い、フリー区分とプレス区分を分けて低温で管理しています。貯蔵中は常に不安定な印象は否めず、改めて市販酵母を使用しない醸造の難し
さを痛感しました。品質が安定し始めたのは10月になってからで、漸くブレンドトライアルを行い始めました。カベルネフラン単独より酸の締まり、適度なタニックさの付与のためにカベルネソーヴィニヨンをブレンドしています。様々な微生物が関与した今回の醸造では、普段得られないようなニュアンスもありつつ、やはりフランの可能性を信じずにはいられない。そん
な実りあったVTとなりました。
1,117本

Wine Story   ・・・・・・・・・・・・・・・・
10/21の天高い快晴の日に、これまでで一番だろうカベルネフランを収穫しました。単独でリリースしたのは16VT以来です。当初、フランはメルロよりも作付けが少なく、補助品種として位置づけていました。しかし、16VTのフランのワインからは大きな魅力と可能性を感じ、新たに20a造成し今後はメルロからフランへの改植を進めます。天候と習熟したスタッフに恵まれた19VTは、赤ワインは殆ど市販酵母を使用しないで醸造しています。市販酵母では表しきれない魅力が在るとすれば、このワインから十分にそれを感じ取って頂けます。妖艶さやセクシーと表現される香りが、品種の素の香りと樽由来の香りの伴奏として漂います。あくまでメインを引き立てる香りとしてVTごとの微生物の坩堝から生み出される風味は、一期一会のブドウの特徴を余すとこなく表現できました。もう二度と同じ系統の味わいは出来ない

ワイナリー様より引用

カテゴリ一覧

ページトップへ